目  次 (PDFデータリンク)

Ⅰ 景観情報技術の定義と活用現況.   (※1~3まで1ファイルにて対応)

1.景観情報技術とは
.

2.景観情報技術の活用現況.

3.活用現況に見られる問題点
.
   

  景観情報技術の解説と活用方法.   (※1~2、3~4、5~8にて3分割)

1.景観情報技術活用の視点とその流れ.

2.活用の対象、目的と場面.

3.作画条件(作画意図)の明確化.

4.作画条件(作画意図)に対応した作画要素毎の力点の設定.

5.活用場面、目的に応じた作画のためのチェックリスト.

6.ソフトウェアの対応.

7.技術活用の留意点.

8.今後の課題

(※参考資料はそれぞれ1ファイルにて対応)

参考資料1 景観情報技術の活用事例

参考資料2 景観情報技術に関する研究例

参考資料3 「地方公共団体における景観情報技術の活用の現況」アンケートの概要

 

ご挨拶    財団法人都市づくりパブリックデザインセンター 専務理事 髙 泰久

はじめに   国土交通省都市・地域整備局 都市計画課

委員会名簿