自主研究部会

自主研究部会

美しいまちづくりのための自主研究の一環として、個別のテーマのもとに研究部会を設置し、各界の専門家等の参加により活発な意見交換や調査を行い、その成果を取りまとめ、発表・出版などの活動を行っています

1)研究合同部会

「研究合同部会」合同部会の内容
開催日:平成28年6月14日(火)
場 所:都市計画協会
「コミュニティサイン研究部会」「アーバンリフォーム研究部会」「課題検討部会」の合同研究部会を平成28年6月14日(火)に都市計画会館において開催した。
各研究部会長から平成27年度の研究報告と平成28年度の研究テーマの説明があり、研究部会への参加要請が行われた。
特別講演は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会施設整備調整局長 廣瀬隆正氏により「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の概要~ 全員が自己ベスト、多様性と調和、未来への継承~」と題して講演が行われた。
 

2)自主研究部会

(1)デザインの優れた都市空間の創出、改善に関する調査研究等
「都市情報研究部会」メンバー 研究内容
【良好なまちなみ・景観を備えた都市空間の創出に関する調査研究】
製品情報部会と合同で都市情報研究会を設置し、良好なまちなみ・景観を備えた都市空間の創出に関する今後のデザインの課題の研究を行う。
 
「アーバンリフォーム部会」メンバ 研究内容
【歩いて楽しい都市空間の創出に関する調査研究】
「人に憩い・安らぎ」を与える「歩いて楽しい通りの魅力」の観点から、市街地での徒歩活動(業務、買い物、散歩等)を支える動線と一体となったオープンスペース景観構成要素の分析を行う。
 
(2)デザインにおける景観パーツ等の活用に関する調査研究等
「コミュニティサイン部会」メンバー 研究内容
【都市空間に於けるサインの活用に関する調査研究】
歩行者系サインの素材に関する情報提供方法について研究を行う。
 
(3)デザインにより社会テーマに対応した都市環境の創造、改善に関する調査研究等
「低炭素社会に向けエネルギー対策等を組み込んだ都市空間の創出に関する調査研究等」メンバー 研究内容
低炭素まちづくり自治体支援コンソーシアムに小澤理事長が参加し、飯田市、高崎市、東京62市区町村の自治体を対象に特別研修を行った。低炭素まちづくり自治体支援コンソーシアムに小澤顧問が参加し、飯田市、板橋区、富山市、長久手市を対象に担当者に対する特別研修と、エネルギー対策を組み込んだ低炭素まちづくりの進め方について幹部を入れたミーティングを行う
 
「デザインにより地域活性化を促進する都市環境の創出に関する調査研究」
研究内容 運営幹事会 都市+デザインフォーラム
青葉部会【準備中】 千代田部会【準備中】 高島平部会【準備中】
都市計画学会研究交流分科会として「地域デザイン戦略に基づくまちづくり推進会議」 (略称:APS研究会(Action for Public Space))を設置し、魅力ある創造的な都市地域・空間の再興を推進する方策を調査研究し、「都市+デザインフォーラム」の開催、自治体に対する提言を行った。
 

年度別 調査研究成果の概要

過年度 研究成果(報告書等)